新着
保護者の皆様へ   「スクールカウンセラーを利用してみませんか?」    本校では,月1回程度,スクールカウンセラーによる教育相談を実施しています。  スクールカウンセラーは,子どもの多種多様な心のあり様や対応について保護者の皆様と共に理解を深め,子どもの健全な発達・成長について考えていく存在です。不安や悩みを一人で抱え込んでしまわず,スクールカウンセラーと共に知恵を出し合っていきませんか。  また,スクールカウンセラーはお子さんの相談にも対応します。お子さんの気持ちに寄り添い,支えになってくれます。  カウンセリング希望のある方は下記学校担当者まで,電話またはメールにて御連絡ください。   対応者:スクールカウンセラー  臨床心理士 小林 眞紀 先生 対 象:本校児童・生徒及び保護者 相談場所:本校 生活訓練室等(当日,来校時にお知らせいたします。) 相談時間:40分程度 連絡先:山元支援学校 電 話:0223-37-0518 E-mail :yamayou-sub@od.myswan.ed.jp 担  当:地域支援部  山本 晴美   ※来校時には,自宅にて検温し,風邪の症状がないことの確認をお願いします。また,マスクの着用とアルコールによる...
ブログ
04/12
パブリック
学校ブログ
 4月9日(金)に令和3年度の入学式を行いました。新型コロナウイルス感染症予防のため,在校生は出席せず新入生,保護者,限られた教職員のみで行いました。  今年は小学部,中学部,高等部合わせて15名の新入生を迎えました。慣れない場所,慣れない人たちの中で緊張した面持ちで式に臨んでいた新入生たちでしたが,「元気に 仲良く 一歩ずつ」山元支援学校の学校生活を楽しんでもらえるように支援していきたいと思います。  <ひまわり教室><ひまわり教室> <ひまわり教室> <あすなろ教室>
ブログ
04/12
パブリック
学校ブログ
 4月8日(木)に令和3年度の新任式・始業式を行いました。ひまわり教室(知的),次にあすなろ教室(病弱)と2回に分けて行いました。  ひまわり教室の新任式では,今年度新しく赴任した先生方に,代表生徒から歓迎の言葉が贈られました。また,始業式では校長先生の話の後に担任紹介がありました。先生の名前が次々呼ばれる度に,児童生徒は周りを見渡したり,「○○先生!」と声をかける場面も見られました。  あすなろ教室の始業式は体育館と病棟をオンライン中継で繋いで行いました。 <ひまわり教室>代表生徒より歓迎の言葉 <ひまわり教室>校長先生の話 <あすなろ教室>
ブログ
03/26
パブリック
学校ブログ
 3月24日(水)に令和2年度の修了式が行われました。ひまわり教室(知的)とあすなろ教室(病弱)の2回に分けて行い,各学部,学年の代表生徒に修了証書が授与されました。校長先生からのお話の後,今年度の思い出を校歌とともにスライドショーで振り返りました。今年度は緊急事態宣言により6月からのスタートとなりましたが,児童生徒一人一人が新しい生活様式の中,「元気に」「仲良く」「一歩ずつ」成長できた1年でした。 <ひまわり教室> <あすなろ教室>
ブログ
03/24
パブリック
トピック
~通行止めに伴う来校時の通行について~  2月13日に発生した地震の影響により,山元町体育文化センターの北側道路の一部が通行止めになっています。  来校の際には下記のように迂回して来校してくださいますようお願いいたします。    
ブログ
03/24
パブリック
あすなろ教室ブログ
 3月16日に今年度の卒業証書授与式を,3月24日に修了式を行いました。昨年は2月末から病棟閉鎖になり,どちらの式も行えないまま年度が変わってしまいましたが,今年はオンライン中継ではありましたが無事に終えることができました。  授業を支援してくださった保護者の皆様,病棟職員の皆様,ありがとうございました。 【卒業証書授与式】病棟での卒業証書授与式。画面越しではなく,対面での面会はご家族も数ヶ月ぶりでした。 【卒業証書授与式】先生たちと最後の記念撮影。 【修了式】学校の体育館と病棟をリモートで繋いでいます。今年頑張ったことを一人一人校長先生から話してもらいました。 【修了式】校歌を聴きながら今年会えなかった先生たちとお話をしました。【修了式】修了証書をもらっています。  
令和2年度 地域支援事業アンケート集計結果 について    本校の地域支援事業について,郡内の関係機関に活用状況や御意見等のアンケートをお願いしました。  集計結果を御覧ください。 地域支援部 令和2年度 宮城県立山元支援学校 地域支援事業アンケート結果報告.pdf      
ブログ
03/19
パブリック
学校ブログ
 3月17日(水)の本校体育館にて卒業証書授与式が行われました。小学部1名,中学部3名,高等部15名の卒業生が卒業証書を受け取り,新たな場所へと巣立っていきました。  今年度は感染症対策を含め新しいスタイルでの卒業証書授与式となり,在校生は別室でリモート中継をつないで参加しました。“例年通り”ではないものの,事前に録画した在校生からの贈る言葉や卒業生からの卒業の言葉の上映をして,児童生徒の気持ちが伝わり合った温かい式となりました。  あすなろ教室の卒業生は体育館での参加とはいきませんでしたが,宮城病院とリモート中継し,呼名の際には元気な表情を見せてくれました。また,午後には病棟の入り口でご家族が見守る中,直接卒業証書の授与を行うことができました。 感染症対策のためマスクを着用し,パーティションを設置して証書授与を行いました。 在校生も卒業生の最後の姿を一緒に見守っていました。 学校と病棟をリモートでつなぎ,校長先生から卒業証書を読み上げてもらって渡すことができました。